F-1 学生ビザ & F-2 同行家族学生ビザを取得し家族で憧れのアメリカで親子留学を実現しませんか?
親子留学>アメリカビザ情報

アメリカビザ情報|F-1 学生ビザ & F-2 同行家族学生ビザ


アメリカビザ情報
※大使館HPを参照して作成しておりますが、申請の際は大使館HPでご確認又は専門家まで御相談下さい。

F-1 学生ビザのご紹介

≪F-1学生ビザ≫
学生ビザを取得するためには、次の証明が必要です。

■ I-20*を発給できる米国政府認可機関からフルタイムの学生として受け入れられていること
  *学校側から発行されるの入学許可書
■ 予定の学業に必要な準備のあることが成績証明書によって証明できること
■ 適切な英語力があること。英語力が不十分な場合には、学校はそれらを把握し、補習授業の準備をしていることを証明してください。
■ 留学の初年度が賄える学費や生活費が十分である証明として、銀行の残高証明またはその他の財政証明
■ ビザ申請国との強い結びつきがあること。また、学業が修了した後は米国を出国するという意思があることを領事に十分納得させなければなりません。

詳細は国務省のSEVISインストラクション(英文)をご覧ください。
専門学校その他の公認非学術機関で学生をご希望の場合は、M-1ビザになります。

*F1/F2ビザの申請代行をご希望される場合はこちらまでお問い合わせ下さい。

<SEVIS>
SEVIS (Student and Exchange Visitor Information System 「学生・交流訪問者情報システム」 ) 仕様のI-20の右側にはバーコードが付与されています。学生ビザの申請には、学校責任者によって署名されたこのI-20が必要となります。I-20はビザではありません。学生ビザを持たずにI-20のみで米国に到着した場合、米国への入国は認められませんのでご注意ください。

また、SEVIS費を支払わなければなりません。SEVIS費はビザ申請料金と共にビザ申請前にお支払いください。


ページトップへ

F-2 同行家族学生ビザのご紹介

<F-2 同行家族学生ビザ>
同行家族学生ビザは、オーストラリアやニュージーランドにあるような学生ガーディアン(保護者)ビザはございません。しかし、配偶者および21歳未満の子どもが同行家族として米国に滞在するためには、(同行者)家族用のF-2ビザを取得しなければなりません。

F-2ビザの申請方法はF-1と同じですが、申請者それぞれにI-20が必要です。ご家族でご滞在(家族留学)する場合は、親御様にF-1(学生)ビザを取得して頂き、申請者の配偶者とお子様はF-2ビザを取得することになります。

※親子留学等でF1、F2ビザの申請をお考えの方はこちらより、ご相談ください。


ページトップへ

質問事項|F-1 学生ビザ & F-2 同行家族学生ビザ

学校が始まるどれ位前に渡米できますか?
国土安全保障省によると、学生ビザ保有者はI-20に記載されている開始日の30日以前に米国に入国することはできません。この30日制限規定は、有効なI-20を持って米国に戻る(すでに渡米し、学校に登録している)学生には適用されませんので、他の条件を満たしていればいつでも渡米できます。

▼ F/Mビザによる米国での滞在可能期間は?

F/Mビザによる米国での滞在可能期間は?
Fビザ保有者はI-20に記載されている終業日から60日間米国に滞在できます。Mビザ保有者は1年間、またはI-20に記載されている終業日から30日間のいずれか短い期間、米国に滞在できます。

▲ 学校が始まるどれ位前に渡米できますか?  / ▼ 学校を変えました。新たにビザが必要ですか?

学校を変えました。新たにビザが必要ですか?
学生としての最初の渡米前に学校を変えた場合には新しいビザが必要です。しかし、米国の学校に入学後、学校を変えた場合には、5ヶ月を超える期間米国を離れない限り、新しいビザを取得する必要はありません。転校のために渡米する前に、学生相談係(student advisor)に連絡を取って、SEVISステータスがアクティブになっていることを確認してください。


▲ F/Mビザによる米国での滞在可能期間は?  / ▼ 米国滞在中に働くことができますか?

米国滞在中に働くことができますか?
F-1ビザ保有者は、状況によっては働く許可を得られることもあります。M-1ビザ保有者の場合、就労が実地訓練の一環として必要になる場合は、移民局の事前許可が得られた場合に限り、働くことが認められます。

▲ 学校を変えました。新たにビザが必要ですか?