シンガポールでの親子留学、お子様の小学校、中学校、高校留学をサポート致します。教育の先進国で親子留学を実現しましょう!
親子留学>シンガポール長期親子留学

シンガポール長期親子留学

近年、教育先進国のシンガポールで親子留学が注目を集めています。
 シンガポール留学のメリットや教育システム、学校情報をご紹介いたします。

教育システム / シンガポール公立校 / 保護者のビザ
 学校情報 /  長期親子留学予算 / 長期親子留学サポート内容

めまぐるしい成長を続けるシンガポールへ

シンガポールってどんな国?

ガーデンシティやグリーンシティとも呼ばれ、整然と整備された緑豊かな都市です。

19世紀に東インド会社による中国インド間の貿易中継地点として繁栄し、マレー半島がイギリスから独立した後、マレーシア連邦から独立しシンガポールが設立しました。中国系やマレー系、インド系、インドネシア系、欧米人が混在し、”人種のるつぼ”とも例えられる、多国籍な国です。

公用語は英語ですが、町中では中国語やマレー語タミル語も聞こえてきます。今後発展するアジアで英語に加え、アジア言語も学べるのもシンガポール留学の魅力の一つです。

Singapore

<シンガポール留学人気の理由>
1.多国籍国家シンガポールで真の国際感覚を身につけられる

2. 各国が注目する高い教育レベル

3. 英語と中国語が同時に学べる環境

4. 治安が良く、街が清潔

5. 日本と近く、時差が少ない



ページトップへ

シンガポールの教育システム

<シンガポールの教育事情>
現地の人々の教育に対する関心、教育水準は非常に高くなっております。 シンガポールは国際的な学力調査でも明らかなように、世界でもトップクラスの教育レベルを誇ります。

また幼いころから、試験や学力で進路が決まる環境にある学歴社会です。 この高い教育レベルを求め、世界中の子供たちがシンガポールに学びにきています。

シンガポールの幼児教育


 
未就学年齢のお子様でもビザを取得し、幼稚園に通園が可能

無理なく自然に英語習得を図るためにイマージョン(immersion)教育法を取り入れています。英語だけでなく母語である日本語教育も受け、日本人としてのアイデンティティーを確立させ、近年とても注目が集まっています。
preschool_singapore


 
《幼稚園情報》

Arts Kidz Pre-School
日本人のお子様も数多く通う、人気の幼稚園です。幼稚園はアッパーブキティマロード沿いとチョンバル地区に2校あります。第二言語レッスンの時間もあり、日本語・中国語・韓国語も学べます。

Arts Junior Montessori
日本人の園長先生が運営する、モンテッソーリ教育を採用する幼稚園です。ダンスやアート、音楽を取り入れた独自のプログラムを通して、英語・日本語・中国語の3言語を学びます。

Cambridge Child Development Center
シンガポールの他、インドネシアやフィリピンにもある大手幼稚園です。多国籍な生徒が多く、インターナショナルな雰囲気です。また、英語・中国語の他、日本語も学べます。

《その他の幼稚園一覧》
シンガポール日本人幼稚園、Eureka School House Pte Ltd、Alphabet Playhouse Child Care & Learning Centre Pte Ltd、
The Thinking Box at Tanglin、The Little Skool-House、Rosemount Kindergarten、このはな幼稚園、Brainy Child Montessori Learning Centre、Columbus Child Care等  
幼稚園

シンガポールの初等から高等教育まで


≪シンガポール公立校≫

公立校は教育水準が高く、成績によるクラス分けもされます。英語で授業が行われ、第二言語で中国語を選択できますので、英語だけでなく、中国語も学ぶことが可能です。

一方で、入学基準も高いため、2年生以上はAEISと呼ばれる海外からの生徒のための試験を受けなければなりません。全て英語での試験となるため、日本からの留学生にはとても難しく、基本的には、1ヶ月〜1年程、英語学校で受験勉強を行います。

ただ、1年生はその試験が必要なく、英語力の足りないお子様でも入学が可能でしたが、昨今の状況変化により入学が難しい状況です。


●費用:小学校授業料 ・・・月額SGD$500
※2013年現在(年間約50万円以内で留学可能!)


ページトップへ

保護者のビザについて

3ヶ月以上の長期滞在や親御様もお子様のご留学に同行する場合はビザを取得する必要がございます。ビザの申請はシンガポール移民局に対しておこないます。

●保護者のビザ(母 or 祖母)+学生ビザ(子)
16歳未満のお子様が学生ビザを取得し、親御さまが保護者として長期滞在ビザを申請することが可能です。シンガポールが他国と違う点は、男性は保護者として同行できないことです。母親または祖母のどちらか一方のみ保護者として長期滞在ビザを取得できます。また、シンガポール在住者の保証人が必要となります。詳しくはこちらまでお問い合わせください

《ご家族で滞在されたい場合》
●学生ビザ(父)+保護者のビザ(母)+学生ビザ(子)
父親は保護者として同行できませんが、学生ビザを取得してご家族で滞在することが可能です。親御さまもご留学されたい場合には最適です。

●就労ビザ(父)+扶養者向けビザ(母)+扶養者向けビザ(子)
就労ビザを取得した方の配偶者と子供は扶養者向けビザの取得が可能です。 ご自身で会社を設立し、その会社から就労ビザがおりる場合もございます。詳細はお問い合わせください

保護者ビザについてはこちらもご参照ください

学校情報(インターナショナルスクール)


インターナショナルスクールは海外の教育制度をもとにカリキュラムが組まれており、基本的にすべて英語での生活となります。ネイティブの英語を身につけたいという方、海外への進学を目指す方におすすめです。

◆Anglo-Chinese School (ACS)  ※公立インタートップ校
ACSはシンガポール公立校の教育課程を採用しており、シンガポール人の学生も数多く通う人気校です。IB(国際バカロレア)を採用していることからも教育レベルの高さが伺えます。 入学には一定の英語力を求められますが、日本からも入学テストを受けられる点が魅力です。
ACSサイトはこちら
ACS,インターナショナルスクール

◆Australian International School
オーストラリアの教育システムに基づいて運営されている学校です。生徒の多くははオーストラリア人、ニュージーランド人です。新しい学年のスタートはオーストラリア同様1月末〜2月上旬の4学期制です。IBプログラムがある点も人気です。
AISサイトはこちら
オーストラリアンインターナショナルスクール

◆ISS International School Singapore
生徒の出身国は実に世界50カ国以上と国際職豊かな学校です。小規模でアットホームな環境から、生徒一人一人にきめ細やかな指導が行き届く点も魅力です。勉学に力を入れており進学率が高く、IBプログラムの採用校であることも注目を集めています。

ISSサイトはこちら

カナディアンインターナショナルスクール、CIS

◆Eton House International School
イートンハウスはシンガポールをはじめ中国、インド、マレーシア等アジア8か国に展開し、現在は54か国5000人以上の生徒にグローバル教育を行っています。すぐれた教育の実践、教育サービスを目指し、英語以外の言語習得とIBプログラムにも力を入れているシンガポール有数の人気校です。
Etonサイトはこちら
イートンハウス_Eton

◆Canadian International School ※単身留学可
タンジョン・カトン校とレイクサイド校にキャンパスをもつ、幼稚園から小・中・高校までのカナダ系インターナショナルスクールです。
IB(国際バカロレア)採用校であり、英語の他、フランス語と中国語の教育にも力を入れている教育熱心な人気校です。
CISサイトはこちら

カナディアンインターナショナルスクール、CIS

◆Overseas Family School
オーチャード近くに位置する、幼稚園から小・中・高校までのマンモス校です。世界中から留学生が集まり、在籍人数は3500名を超える人気校です。ESLは一般クラスと独立して構成されていて、1年生から受けることが可能です。11エーカーを超える、緑豊かな広大なキャンパスも魅力です。
Overseasサイトはこちら
インターナショナルスクール、オーバーシーズ

 
◆Chatsworth International School
オーチャード近くに位置する、幼稚園から小・中・高校までのインターナショナルスクールです。全校生徒数約700名と小規模なアットホームな雰囲気が魅力です。
6月後半から8月初めに開催されるサマースクールは、英語に加え中国語の授業やアクティビティを体験できることから、とても人気です。
Chatsworthサイトはこちら
チャッツワース、Chatsworth

◆Stanford American International School
2009年に開校されたアメリカ式インターナショナルスクールです。IB(国際バカロレア)採用校で、iPadを取り入れたハイテク授業が魅力です。入学には一定の英語力を求められますが、ウェイティングリストができるほどの人気校です。

Stanfordサイトはこちら

スタンフォード,インターナショナルスクール

 
◆St Francis Methodist School ※単身留学可・ESL充実
シンガポールが独立する5年前の1960年に設立されたシンガポールの中でも歴史があるインター校です。全校生徒の80%が留学生で、アジアを中心に約20の国の 生徒が集まるため、英語が苦手な生徒へのフォローに定評があります。 StFrancisサイトはこちら
セント・フランシス・メソディストスクール

◆UWC South East Asia
英国式の教育カリキュラムの幼稚園から小・中・高校までのインターナショナルスクールです。教育レベルはシンガポールのトップクラスで、中学・高校から他のインターから転校してくる留学生も多数います。ウェイティングリストができるほど人気の進学校です。
UWCサイトはこちら
UWC,インターナショナルスクール


※シンガポール親子留学をご希望の方はこちら ページトップへ

語学学校情報

  
◆Ascend - The English Professionals
低学年の子どもたちを対象に、英語と国語を基礎から丁寧に教える。指導が難しいといわれる低学年の教育に特化した同校だから、勉強に慣れていない子どもも安心。親向けには4週間からの短期プログラムから、1日3時間から5時間のコースが用意されている。マンツーマンレッスンや希望に合わせたプログラムを組むことも可能。
Ascendサイトはこちら
Ascend - The English Professionals

  
◆British Council Singapore
ブリティッシュ・カウンシルは、イギリスに本部を置く歴史ある語学学校です。一般英語からIELTS対策、大学進学準備コースまで幅広く対応しています。校舎はショッピングゾーンのオーチャードロードからほど近い大使館や領事館などが多いエリアにあり、セキュリティも厳重なので、安全で静かな環境で学べます。
British Councilサイトはこちら
ブリティッシュカウンシル_シンガポール

◆Inlingua Singapore
インリンガは1968年創立の世界40か国で300校を開校する歴史ある語学学校です。一般英語コースのほかに、ビジネス英語コース、試験準備コース、中国語やマレー語、スペイン語など各種外国語コースが開講されています。一般英語コースは少人数制で、プライベートレッスンも行われているので個別のニーズに合わせて学べます。
Inlinguaサイトはこちら
Inlingua_シンガポール

◆NYU Language School
NYUは地下鉄路線が交差するシティーホールに位置し、交通の便が良い学校です。周囲は国会議事堂や裁判所が立ち並ぶ官公庁街で静かな雰囲気なので落ち着いて学べます。一般英語コースの他、IELTSやTOEFL受験コースもあり大学院や大学進学を目指す方にお奨めのアットホームな雰囲気の学校です。
NYUサイトはこちら
NYU_シンガポール

◆EF International Language Center
EFは1965年創立の世界50ヶ国で運営する大手語学学校です。一般英語コース、ビジネス英語、試験準備コースを学べます。定期的なテストと進行度チェックで、学生一人ひとりの向上度を把握した、きめ細やかな教育指導が魅力です。また、コンピュータラボや自習室、ラウンジ、ルーフテラスなどの交流スペースも完備されています。
EFサイトはこちら
EF_シンガポール

シンガポールの生活情報

〜治安&衛生面〜
シンガポールの治安の良さは、アジア地域で一位二位を争うほど。また、水道水を飲んでも差し障りないほど、衛生環境の優れた国でもあります。日本での生活と変わらず、気を遣わず過ごしていただけます。

〜日本との時差〜
シンガポールと日本の時差はわずか一時間です。日本にいるご家族や友人との連絡や、時差ぼけを気にせずに行き来の出来る環境は魅力です。

〜食事〜
多民族が暮らすシンガポールでは、世界各国の料理を楽しむことができます。ホーカーと呼ばれる屋台や、レストランで安くておいしい料理を楽しめます。

〜買い物〜
遅くまでやっているデパートや、日系のスーパー、コンビニエンスストアも充実しており、便利さは日本に負けない便利な生活が可能です。

※シンガポール親子留学をご希望の方はこちら
ページトップへ

シンガポール長期親子留学予算

親子留学
<1年間:お子様のみ学校に通った場合>
◇お子様インターナショナルスクール学費:160万円〜
◇住居+生活費:300万円程度〜(親子2名分/1年分)

◆ お子様の現地校・インターナショナルスクール手配も可能です。お問い合せください。
◆ 立地、レベルにより料金が異なります。またホームステイのご提案も可能です。
◆ 為替変動、都市、ご希望プランにより料金が異なってまいりますのでお問い合せください。
≪試算為替レート≫ 1SGD=\80


ページトップへ

長期親子留学サポート内容

≪シンガポール親子留学サポート内容一例≫
◆ 親子留学、海外生活に関するカウンセリング
◆ 現地教育機関の紹介及び入学手続代行 (弊社提携教育機関)
◆ 滞在先の紹介 (ホームステイ先、貸家等物件の紹介)
◆ 現地視察の手配 (滞在先環境及び学校視察、生活オリエンテーション)
◆ 現地生活、学費等の外貨資金の準備及び海外送金支援 (提携金融機関の紹介)
≪オプション≫
◇ 現地オリエンテーションの手配(銀行口座開設、滞在先、現地生活に関する情報提供)
◇ 航空券、保険加入、空港現地出迎え等の手配
◇ 専門家(通訳・弁護士・会計士・不動産業者・ファイナンシャルプランナーなど)の紹介
◇ 移民法、ビザ申請情報の提供
◇ ビザ申請、保険加入、健康診断等の手続支援 ※代行は別途承ります。

※シンガポール親子留学をご希望の方はこちら
ページトップへ

▲ 親子留学トップページへ戻る