ニュージーランドでの親子留学、お子様の小学校、中学校、高校の正規留学をサポート致します。自然に囲まれた国で悠々と留学生活を親子で実現しましょう!
親子留学>ニュージーランド長期親子留学

ニュージーランド長期親子留学


ニュージーランド長期親子留学一覧

非核宣言の国・ニュージーランドへ

ニュージーランドとは?
ニュージーランド(以下NZ)は、アメリカの原子力船の寄港に国民投票で反意を表して以降、非核宣言を掲げている国です。主な発電は水力70%、火力、風力、地熱発電で残りの30%、原子力発電所は1基もありません。天然ガスを産出しており、農業国でもありますので、原子力に頼らず自然を大切にし、健康的な生活をすることで自分の国を守るという意識が高い国です。
new zealand

<ニュージーランドの魅力>
人口密度は日本の約1/15、四国と九州をのぞく日本の国土面積に、静岡県民とほぼ同数の人口で、日本とは逆の四季があり、緑豊かで美しい海岸線、おおらかで親切な国民性で知られています。また頻繁に虹がかかる美しい国でもあります。国内最大都市オークランドは、雪が積もる程の寒さではなく、真夏でも30度ほど、乾燥した気候で、一年を通して過ごしやすい街です。また日本と同じく島国でもありますので、ヨットの街としても有名です。安全で過ごしやすい国として世界でも常に上位にランクされていますので、親子留学をなさるには最適な国と人気上昇中です。

〜地震と原子力発電所〜
原子力発電所が一基も無いことは有名ですが、オークランド(北島)は地震も少なく、大きなものは1891年に起こって以降、最近2013年3月17日に若干の揺れが確認されました。1931年ネイピアで起きたマグニチュード7.8 の直下型地震も記録にありますが、NZでは氷河期の始め以前からずっと北島は安定した地盤に支えられており、心配は無いとの見解が一般的となっています。



ページトップへ

ニュージーランド|親子留学のポイント

<教育制度>
日本と違い1学年が4学期で構成され、学期毎に休みがあります。
新学期:1月末スタート(4学期制) ※新学期以外でも空きがあれば入学可能。
年度により多少の変更はありますが、概ね下記となります。

【4学期制】
 ・1学期:1月下旬〜4月中旬
 ・2学期:5月上旬〜7月中旬
 ・3学期:7月下旬〜9月下旬
 ・4学期:10月中旬〜12月上旬

<魅力的なガーディアンビザ制度>
▲ 主要英語圏の中で最も物価が安いと知られており、生活環境が整っています。
▲ 親子ならお子様は5歳の誕生日から現地校に入学でき、単身留学は中学2年生から可能。
▲ ガーディアンビザ取得で親御様が学校に通わなくても長期滞在する事が可能です。

ニュージーランドの幼児教育


小学校入学以前は、Kindyと呼ばれる幼稚園、もしくはDaycareという託児所へ通います。Kindyは公立幼稚園ですが現地の児童も空きを待っている状態が多いため、早めの手配が必要です。特に人気の高い託児所はやはりウェイティングの可能性が高くなります。また独自の教育メソッドで有名なシュタイナーやモンテッソーリといった私立幼稚園もあるので、お子様にあった教育機関を見つけることが重要となります。 preschool_auckland

ニュージーランドの初等から高等教育まで


NZの教育システムは英国と類似しており、国を挙げて教育に力を入れています。

5歳の誕生日より小学校 Primary Schoolへ入学Year 1 – 6 の6年間を過ごし、その後中学校に相当する Intermediate School で2年間 Year 7-8、のち Secondary School (カレッジ、ハイスクール、グラマースクールとも)呼ばれる高校へ進学し、Year 9-11を過ごし義務教育期間は終了します。

この時点で大学進学、ポリテク進学、就職と希望に応じた進路へ進むこととなります。
大学進学希望者は、引き続き Collegeにて一年間 (Year 12)受験に備え、ポリテクニクへの進学希望者は、ポリテク内の希望のコースへと進みます。

ニュージーランド小学校

<高等教育:ポリテクニクとは?>
短大、専門学校の集合学校のような施設で、様々な実地に沿ったコースが用意されており、称号を取得することもコースによっては可能です。 移民の受け入れを積極的に行っている背景があるので、様々な国からの留学生と共に、現地の移民とも共に学ぶ環境なので、学校内はすでに小さな国際社会、和気あいあいと学ぶ様子は、日本ではなかなか見られない光景と言えるでしょう。

※3ヵ月以内の滞在をご希望の方はこちらをご覧下さい。!
ページトップへ

学校情報

公立校(オークランド学校情報)


  
Campbells Bay School

オークランドから車で20分程北、 小高い丘の上に位置する閑静な住宅街に広がる公立小学校です。 ESOL(留学生向け英語)クラスでは少人数制の英語補修クラスのサポートもあり。 また第二言語(日本語、スペイン語、中国語など)のクラスには、留学生の親をクラスに招きその国の文化を伝えてもらう等、生徒だけでなく家族一体を巻き込むアットホームな学校を目指しています。

Campbells Bay Schoolサイトはこちら

Campbell bay school School



  
Glendowie Primary School

オークランド市中心部から車で20分程の閑静な住宅街に位置する公立の小中一貫校です。 留学生の受け入れを積極的におこなっており、充実したESLや短期間から受講可能なホリデー・サマースクールが魅力です。また、公立校では珍しくIB(国際バカロレア)プログラムを採用しています。

Glendowie Primary Schoolサイトはこちら
Glendowie primary school

  
Sherwood Primary School

市中心部から北へ車で20分ほどの海辺の街として趣のあるBrowns Bayにある公立小学校です。スポーツに力を入れており、サッカーやホッケー、ラグビー、バスケットバール、スカッシュなど多岐にわたるスポーツやアクティビティを経験できる点も魅力です。

Sherwood Primary Schoolサイトはこちら


  

Owairoa Primary School

オークランド市の東部の住宅街に位置する公立小学校です。留学生の受け入れを積極的で2週間といった短期から入学可能です。
さらに保護者のためのクッキング・クラスや英語レッスンなども開催し異文化交流をサポートしています。公立校には珍しく、親御様向けの英語レッスンもあるので親子留学にぴったりの学校です。

Owairoa Primary Schoolサイトはこちら

Owairoa primary School

  
Gladstone Primary School

オークランドの市西部に位置する公立小学校です。
最大規模を誇る専門学校Unitecのそばにあるので、親子で学ぶには便利な立地です。また、設備も整っていてアカデミックな分野に力を注いでいます。お昼休みを利用したLunch Club ではヨガやボードゲーム、ダンスなど各種アクティビティに参加できます。

Gladstone Primary Schoolサイトはこちら


  
Royal Oak Primary School

市の中心部と空港との中間地区に位置する公立小学校です。近隣には広大な公園 One Tree Hillや大型スーパーがあり、どこへ出かけるにも便利な立地です。また、ESOL(英語補助クラス)が充実していることから留学生が多く、国際色豊かな校風です。

Royal Oak Primary Schoolサイトはこちら

公立校(ネイピア学校情報)


  

Lindisfarne College

ニュージーランドの東部の街、ネイピアにある学校。教会系の学校として創立されましたが、公立となった現在でもキリスト教の教えを土台に運営されています。 当校の魅力は少人数制クラスで、1学年20名程度で運営。留学生英語クラス(ESOL)でも 約3〜5名程度で、一人ひとりの学力を 最大限に生かすことが可能な環境を用意。
学力は高く、NZ国内の男子校としてはトップ10に入るレベルとなっており、留学生はタイ、台湾などの東南アジア、やイタリア、フランスなど、幅広く留学生を集めています。

Lindisfarne Collegeサイトはこちら

lindisfarne

  

Taradale intermediate school

ニュージーランドの東部の街、ネイピアにある公立中学校(11-13才)。タラデールカレッジはネイピア市街から車で約10分程度の場所にあり、タラデールハイスクールとも隣接。閑静な住宅街の中に校舎があり、 商店街、ジム、図書館などの設備も整っており、生活しやすい環境にあります。 ESOLクラスは最低週3時間、少人数(ほぼマンツーマン)で受講可能なので英語力に不安のある方にとって最適です。

Taradale intermediate schoolサイトはこちら

taradaleintermideate



私立インターナショナルスクール:オークランド


    
Wanganui Collegiate School

ワンガヌイカレッジスクールは1854年設立の歴史ある学校です。14〜18歳の生徒を受け入れており、教育カリキュラムはケンブリッチ方式を取り入れています。 広大なグラウンドや、ゴルフ、ラグビーを始め20種類以上のクラブ活動があるのも魅力です。校舎はイギリス人建築家が設計した学校で、ハリーポッターさながらの美しい外観の寄宿舎です。
Wanganui Collegiate Schoolサイトはこちら
Wanganui collegiate school

    
ACG・Academic Colleges Group:オークランド

ニュージーランド国内に7つの学校をもち、語学学校、インターナショナル校、カレッジ、大学を有する大規模な学校法人です。すべてのACG校でケンブリッチ方式の教育カリキュラムを取り入れています。 IELTS対策コースなどもあり、世界中から留学生を積極的に受け入れています。
ACGサイトはこちら
ACG


    
Rosehill College

オークランド中心部より車で25分ほどの場所に位置し、1800人の生徒と180人のスタッフがいる学校です。 留学生相談カウンセラー、生活指導教師などもおり、留学生の受け入れは積極的で、幅広いカリキュラムが人気です。スポーツ、芸術など多方面にわたる教育を受けることが可能です。学校入学時にはオリエンテーションがあり、留学生の方々はここで科目の選択等話し合うことができます。
Rosehillサイトはこちら
Rosehill

  
Saint Kentigern College

幼稚園から高校までの私立一貫校(小学校と中学校は男女別、高校からは共学)です。高校のキャンパスは市の東部校外のパクランガ、それ以前は高級住宅街レムエラに位置します。創立は1953年の歴史ある名門校です。スポーツにも力を入れており、ゴルフとテニスの特化プログラムElite Sports Programmeも人気です。
Saint Kentigern Collegeサイトはこちら
Saint kentigern college

    
Fichino School

1990年創立の私立小、中学校(6〜13歳)です。最低受け入れ期間は1年なので長期留学の場合に入学可能です。芸術やダンス、哲学など文学的な教育に力を入れています。また、サンスクリット語の授業があり、留学生が多い多国籍な校風です。
Fichino Schoolサイトはこちら


    
Kristin School

オークランド市の北部アルバニーの新興住宅地に位置する幼稚園から高校まで一貫の私立共学校です。1973年設立、学生数約1600名の歴史ある学校です。
ESL(英語補助クラス)が充実していることや、Year12 からはIB(国際バカロレア)を選択できる人気校です。
Kristin Schoolサイトはこちら
Kristine school

    
St.Cuthbert’s Girls School

オークランド市中心部の高級住宅街エプソンに位置する小、中、高一貫私立女子校です。質の良い教育の提供と、上流子女の育成に力を注いでおり、地元でも人気の名門女子校です。
St.Cuthbert’s Girls Schoolサイトはこちら
St cuthbert's girls school

    
Kings School

オークランド市の中心高級住宅地レムエラ地区に位置する、1922年創立の由緒ある私立の一貫男子校。親子代々入学されるご家族が多く、文武両道、芸術にも力を入れている地元でも有数の名門校です。
Kings Schoolサイトはこちら


語学学校


  
NZLC New Zealand Language Centre

New Zealand Language Centreは、オークランドの語学学校の中では最も古く、1984年にオークランドに創立された歴史ある語学学校です。 子供向けコースYoung Learner's コースが開講されており、午前中授業3時間・午後アクティビティー2時間という授業編成です。親子で通学できるので親子留学にぴったりの学校です。
NZLCサイトはこちら
NZLC

  
Unique New Zealand

オークランドセントラル市内から車で約25分に位置する語学学校です。学校から10分程バスに乗れば、NZの3大ショッピングモールの一つAlbany Mallがあり、とても便利な立地です。
また、校舎の前には海が広がり美しい景色を臨めます。一般英語コースに加え、IELTS 受験準備コース、就職準備コース、ビジネス英語コースなど充実したコース内容が魅力です。
Unique New Zealandサイトはこちら
Unique newzealand

  
AGI Auckland Goldstar Institute

交通の便も良く、オークランド中心地の高台にある学校です。
一般英語コースに加え、介護コースが開講されておりDiploma資格の取得も可能です。実際に施設での研修やインターン制度があるため、介護分野で高い就職率を誇ります。日本人のスタッフが駐在しており、進路相談や就職相談のサポートが充実している点も魅力です。
AGIサイトはこちら
AGI School

  
AIS St Helens

英語コースはもちろん、国際ビジネスやツーリズム、コンピューター&IT、ホスピタリティー、人文学(TESOL)等幅広いコースを学べる学校です。学位プログラムは少人数制を保っており、きめこまやかな高水準の教育を受けることができます。学生寮やスポーツジム、食堂などの施設が充実している点も魅力です。
AIS St Helensサイトはこちら
AIS St Helens


※3ヵ月以内の滞在をご希望の方はこちらご覧下さい!
ページトップへ

ニュージーランド長期親子留学予算

<1年間:お子様のみ学校に通った場合>
◇お子様公立学費:100万円〜
◇住居+生活費:180万円程度〜(親子2名分/1年分)
 ※住居費:約1400NZD〜2,000NZD/月

◆ お子様の現地校・インターナショナルスクール手配も可能です。お問い合せください。
◆ 立地、レベルにより料金が異なります。またホームステイのご提案も可能です。
◆ 為替変動、都市、ご希望プランにより料金が異なってまいりますのでお問い合せください。
≪試算為替レート≫ 1NZD=\80


ページトップへ

長期親子留学サポート内容

≪NZ親子留学サポート内容一例≫
◆ 親子留学、海外生活に関するカウンセリング
◆ 現地教育機関の紹介及び入学手続代行 (弊社提携教育機関)
◆ 滞在先の紹介 (ホームステイ先、貸家等物件の紹介)
◆ 現地視察の手配 (滞在先環境及び学校視察、生活オリエンテーション)
◆ 現地生活、学費等の外貨資金の準備及び海外送金支援 (提携金融機関の紹介)

≪オプション≫
◇ 現地オリエンテーションの手配(銀行口座開設、滞在先、現地生活に関する情報提供)
◇ 航空券、保険加入、空港現地出迎え等の手配
◇ 専門家(通訳・弁護士・会計士・不動産業者・ファイナンシャルプランナーなど)の紹介
◇ 移民法、ビザ申請情報の提供
◇ ビザ申請、保険加入、健康診断等の手続支援 ※代行は別途承ります。


※3ヵ月以内の滞在をご希望の方はこちら
ページトップへ

▲ 親子留学トップページへ戻る