短期、長期カナダ、オーストラリア、ニュージーランド親子留学の海外教育制度|海外での留学生活を実現致します!
親子留学>国別教育情報|カナダ・オーストラリア・ニュージーランド

国別教育情報・魅力|カナダ・オーストラリア・ニュージーランド


国別教育情報

英語圏|教育制度の魅力

≪英語力≫
ネイティブ並の英語力を身につけるには、非常に長い期間と勉強量が必要になると言うことは言うまでもありませんが、高校留学では比較的短期間で非常に高いレベルの英語力を身につけることができます。

大学留学や社会人は、すでに言語の基礎もできあがっており、ネイティブ並の英語力を身につけるには、かなりの期間を留学生活に費やす必要があります。しかし、頭の柔らかい中学校、高校時代は、留学時期として最適な時期であり、また中学校、高校生活という最適な環境と合わさって、より早く、高度な英語力を身につけることが出来ます。


≪現地の家庭での生活≫
高校留学の魅力のひとつは現地の家庭に滞在しながら現地の高校に通えることです。家族の一員として生活をすることになるので、受け入れられるホストファミリーによって(門限、就眠時間、勉強に集中させる為に平日の外泊禁止など)家庭内でのルールがあります。

家族一緒に食事をしたり、遊びに行ったり、日本の生活とは全く違う環境でエンジョイすることが出来るでしょう。現地の家庭で生活をしながら学校で勉強や友達作りに励むことにより、日本に居るご家族も安心して、お子さんを預けられます。


≪真の国際交流≫
海外の高校は、様々な人種の学生が通っています。特に移民の多いオーストラリア、カナダなどではクラスの数十パーセント以上を移民の学生が占めることもあります。そのため学生は、日常生活の中で非常に国際色豊かな環境で、異文化交流を自然に行うことができ、異文化を肌で感じながら無理なく吸収することが出来ます。固定観念にとらわれない高校生だからこそ、様々な異文化に触れることで、真の異文化に触れることができるでしょう。

≪海外の教育システムでの学習≫
海外の教育システムは日本と異なり、自分の受講する授業を選択することができます。英語、数学などの必須科目はありますが、必須科目は学年を追う事に少なくなり、その代わりに選択科目が増えます。選択科目は非常に多岐にわたっており、日本では学べないようなビジネス、ツーリズム、コンピューターなど将来のキャリアに直結する科目、フランス語、スペイン語、中国などの外国語、音楽、スポーツ、美術、演劇、ブラスバンドなど芸術系教育などが選択可能です。個性を生かした教育を受けることができます。

ページトップへ

国別教育情報

≪カナダ教育制度≫
教育制度は州によって異なり、初等教育は5年から8年間、中等教育(中学校、高校)は4年から7年間、高等教育は3年から4年間になります。 ほとんどの児童と学生は公立の学校に通います。大学とコミュニティー・ カレッジもほとんどが公立になります。カナダは移民を歓迎している国なので、 英語とフランス語の公用語教育の経験が豊富で教育環境が充実しています。

(カナダ大使館情報)


ページトップへ

≪オーストラリア教育制度≫
オーストラリアの教育の大きな特徴は、学生の個性や能力を最大限に引き出すことを目的に、バランスの取れたカリキュラムを組んでいるところです。バラエ ティーに富んだ様々なコースが用意され、学生自身の興味や将来の目的に合わせてフレキシブルにコースを選ぶことができます。小・中・高校から“自主的に考 える姿勢”を育みながら幅広い知識を身につけ、専門学校や大学・大学院に進むとテーマに即し探求を深めつつ、ハイレベルな学術性と専門性を磨きます。ま た、快適な学習環境が整い、図書館やスポーツ施設はもちろん、最新のIT・科学技術を取り入れた設備が完備されています。新学期は、通常1月末(大学は一 般的に2月末)から始まります。

(オーストラリア大使館情報)


≪ニュージーランド教育制度≫
ニュージーランドは教育を重視しています。義務教育は6歳から16歳までで、公立学校の授業料は無料です。90%以上の子供は小学校に入学する前に幼児教育も受けています。ニュージーランドの教育レベルは高く、国民の3分の1が高等教育を、残りの40%は中等教育を修了しています。
高等教育は部分的に政府が助成しています。政府の学生向けローン制度は、学生に教育費を貸し出す制度です。低所得世帯の学生向けに、生活費を補うための国の援助制度もあります。
大学、ポリテクニック(国立高等専門学校)、教育カレッジ (教員養成機関)、ワナンガ(マオリ語の高等教育機関)のほかにも、語学学校など私立の実務教育学校があり、その数は増えています。マオリの基本方針に基づき設立運営されているマオリ語の教育機関は拡大しており、マオリ語の普及に役立っています。 ニュージーランドで取得した資格は国際的に認知されており、ニュージーランドの教育制度は国際的に高く評価されています。ニュージーランドで学ぶ外国人留学生、とりわけアジアからの留学生の数が増えています。

(ニュージーランド大使館情報)



ページトップへ

▲ 親子留学トップページへ戻る