国際化が進んでいる中、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでの海外生活を親子で実現して視野を広げてみませんか?
親子留学>IB(International Baccalaureate : 国際バカロレア資格)

IB (International Baccalaureate : 国際バカロレア資格) とは


インターナショナルスクールや各国の現地校の卒業生に国際的に通用する大学入学資格を付与する仕組みのことで、年齢によってプログラムが異なり、3歳から19歳まで幅広く対応が可能です。

(1) PYP (Primary Years Programme:初等教育プログラム) 3歳〜12歳
(2) MYP (Middle Years Programme:中等教育プログラム) 11歳〜16歳
(3) DP (Diploma Programme:ディプロマ資格プログラム) 16歳〜19歳

国際バカロレアのカリキュラムを取り入れた学校は認定校とよばれ、2012年6月現在、世界142か国において約3,470校あります。(日本における認定校の数は24校)

どの国でも同様のカリキュラムに基づいて授業が行われるため、国を超えた転校の際もスムーズです。また、各国の大学入学資格として認められていますので、大学の選択肢も広がります。
ご希望に合わせてIB校へのご留学のご提案も可能ですので、こちらまでお問い合わせください。

ページトップへ

▲ 親子留学トップページへ戻る

各国のIB認定校紹介

オーストラリアやニュージーランド、スイス、イギリスやアメリカ、シンガポール、マレーシアでも採用している学校が増えています。ニュージーランドやカナダの公立高校で国際バカロレアを受けられる学校もあります。


Glendowie Primary School(ニュージーランド)

グレンダウィー・プライマリー・スクールはオークランドから車で15分ほどの閑静な場所に立地にある、全校生徒640名ほどの公立校です。英語を母国語としない生徒のための英語クラスや、知恵障害をもつ子供のためのクラスもあります。最先端の教育システムを導入しており、クラスでも生徒の学習意欲を高める工夫がされています。短期の受入も行っているので、まず体験入学ということも可能です。
NZ_public school


 
John Paul College(オーストラリア)

ジョンポール・カレッジはブリスベンとゴールドコーストの間に位置し、都会から少し離れた快適な学習環境にあります。
留学生の受け入れに積極的で、ESLも充実しています。また、5年生からは自分専用のノートパソコンが与えられ、ハイテクノロジーを活用したユニークな学習プログラムも魅力です。
インターナショナルスクール,John Paul College,ジョンポール

 
Fair View International School (マレーシア)

フェアビューインターナショナルスクールはペナンの他、KL、ジョホールバルに分校をもつ学校です。
イギリス式で旧来の教科書を使った授業ではなく、極力自分で調べて発表する方式で教えているのが特色です。英語補修クラスがあり、1日〜2日の体験入学が可能です。
フェアビュー_fairview

 
Australian International School(シンガポール)

オーストラリアの教育システムに基づいて運営されている学校です。生徒の多くははオーストラリア人、ニュージーランド人です。新しい学年のスタートはオーストラリア同様1月末〜2月上旬の4学期制です。IBプログラムがある点も人気です。
オーストラリアンインターナショナルスクール

 
ISS International School Singapore(シンガポール)

国際職豊かな学校でアットホームな環境から人気の高い学校です。
勉学に力を入れており進学率が高い点、IBプログラムの採用校であることも注目を集めています。
ISSインターナショナルスクール



お問い合わせ


  サポートについてのお問い合わせは、
   1. お電話 ( 0120-07-0069 )
   2. お問い合わせフォーム
   3. 電子メール info@oyakostudy.jp
  にて、受け付けております。

ページトップへ

▲ 親子留学トップページへ戻る