アエルワールドは専門資格を有したアドバイザーが、それぞれの分野を責任持って担当しております。
親子留学>アエルワールドについて>アドバイザー紹介

アドバイザー紹介


アエルワールドのアドバイザーは専門資格を有したアドバイザーが、それぞれの分野を責任持って担当しております。様々な疑問点、ご不安等をなくし、安心して悠々自適な海外生活を始められるよう、日々努力しております。

担当アドバイザー一覧

<>

海外生活アドバイザー 大森健史

ご挨拶

親子留学や年少の頃の留学にどのようなイメージをお持ちですか?

両親の英語力がなくてはだめ、莫大な費用がかかる、中学校を卒業しないと受け入れてもらえない等、難易度が高く、実現にはネガティブなイメージをお持ちの方も少なくないと思います。

そのようなお考えは、ある一面では正しいことですが、我々としては適切に準備を行えばそれほど難しく無いと考えております。

一言で親子留学や小学校、中学校、高校留学等の正規留学といっても様々。留学する国や地域・州が異なれば受入事情やご準備内容が全く異なります。ご両親様若しくはご両親様のお一人どちらかだけが同行されるのか、又は同行されないのか、現地でどのくらいの期間滞在したいのか、就職は?そして永住までお考えなのか等・・・・。

アエルワールドが提供する親子留学、小中高校正規留学サポートは、今まで実現出来ないのでは?と思われるような海外生活スタイルをお客様と一緒に見つけ、作り上げていくことにあります。

留学が旅行会社で扱われるようになり、パッケージ旅行と同様に手軽なものとなって久しいですが、我々は真のオーダーメード型の海外生活&留学プランを提供して参ります。

のんびりとした教育環境、雄大な山々や美しい街並み、自然豊かな環境の中に文化的な生活、そのような環境の中、

私たち「家族の、親子の、お子様だけの」留学&海外生活スタイルを実現させませんか?

アドバイザーより一言

金融機関、旅行会社勤務の経験により、海外生活の準備と留学、海外生活のための貯蓄相談のアドバイスが専門です。

親子留学なら、オーストラリアが対応しやすく、NZはお子様お一人の留学、カナダは比較的短期の留学が多いですね。

現地に下見に行く前に、現地で家を買う前に、親子や家族、お子様が生活するための適切な準備を始めましょう!


海外生活アドバイザー
大森 健史
Kenji Omori


ページトップへ

海外生活カウンセラー 伊賀上 佳実

ご挨拶

早くからお子様を英語に触れさせてあげたい。自分も海外で勉強してみたい。などの目的を持ちたくさんの方が親子留学を楽しまれています。 

親子留学といっても≪親と子≫だけでなく、≪おじいちゃん・おばあちゃんとお孫さん≫≪家族みんなで≫など、家族で楽しめます。

親子留学で、新しい自分・家族の姿を発見してみませんか?
“お子様の可能性を広げる。ご家族の新しい楽しみを見つける。”
それぞれの記憶に残る親子留学を是非体験していただきたいと思っております。

大学卒業後に勤務した旅行会社での経験を通し、もっと多くの方に海外ですばらしい体験をしてもらいたいと感じ現在に至ります。 親子留学への不安や不明点を一つ一つ一緒に解決し、思い描いている親子留学が実現するよう 、精一杯お手伝いさせていただきます。

カウンセラーより一言

親子留学って何ができるのか知りたい!
海外で生活してみたい!
家族で長期滞在してみたい!
どのようなところか知りたい!

など、どのような理由でもかまいません。
思い描いているものを現実に近づけませんか?

お気軽にご連絡ください。

海外生活カウンセラー
伊賀上 佳実
Yoshimi Igaue


ページトップへ

FP担当アドバイザー 市橋 浩

ご挨拶

急速なグローバル化の進展の中、外国語によるコミュニケーション能力や母国以外の 国についての社会・文化などへの理解力の重要性はますます
高まりつつあります。その為の方策の一つとして、柔軟な理解力を持つ若い年齢での 海外留学の体験が挙げられます。

弊社はお客様それぞれのニーズやその他のお客様の状況に応じて、短期から比較的長期の留学あるいは親子での留学をオーストラリア、カナダ、アメリカなどの評価の高い教育機関にご案内致します 。

 経 歴

大手証券で幅広く、証券・国際金融業務を担当。
  その後外資系大手投資 銀行でグローバルな投資銀行
  業務を担当。国内外の証券・金融ビジネスに精通。

  ■MBA(University of Southern California)
  ■CFP(日本FP協会所属)
  ■1級ファイナンシャル・プラニング技能士(厚生労働大臣認定)
  ■宅地建物取扱主任者
  ■通訳案内士(国土交通省認定)

FP担当アドバイザー
市橋 浩
Hiroshi Ichihashi


ページトップへ

税務担当アドバイザー 坂下 利明

ご挨拶

海外生活をお考えの皆様、移住したら日本の税金の申告をしなくても
よい、とお考えではないですか?

海外移住した後も、日本に度々戻ってくる方、あるいは日本と移住先
の双方に住居を持っている場合など、日本で申告しなければならない
こともあります。
その他、日本に残してきた資産から収益が発生する場合など、 個人
の状況に応じて、日本で申告する必要があるかどうか判断する必要
があります。

昨今、故意に日本の申告をしなかったり、あるいは日本の税金を逃れ
るために海外へ資金を移そうと考える人に対しては、税務当局も厳し
い態度で臨んでいます。

そのようなトラブルを防ぐためにも、日本の税金についての正しい理解と、専門家のサポートが不可欠です。
皆様の日本の税務については、私がサポートいたしますので、お任せください!

経歴

平成7年1月
太田昭和アーンストアンドヤング株式会社(現 新日本アーンストアンドヤング 税理士法人: Ernst & Young)入所。国際税務グル ープに配属され、日本国内外のClientの税務・会計に関するServiceに従事する。

平成13年6月
フォトニクスネット株式会社入社。経理・税務部門責任者となる。

平成14年12月
税理士法人中央青山(Pricewaterhouse Coopers) 入所。
法人第1部門に配属され 日本国内外のClientの税務・会計に関するService に従事する。

平成15年9月
正式独立開業

<税理士登録>
平成9年5月21日
東京税理士会に登録(登録番号84514号)



税務 担当アドバイザー 坂下 利明

ページトップへ

▲ 親子留学トップページへ戻る