イギリスボーディングスクールプログラム|イギリスボーディングスクールで有名なイートン・カレッジ、ハロウスクール、ラグビースクールを紹介します。
親子留学イギリスボーディングスクール紹介>イギリスパブリックスクール一覧

ボーディングスクールプログラム
イギリス / アメリカ / スイス / カナダ

Eton college 〜 イートン・カレッジ〜 紹介

Eton college(イートンカレッジ)は、ヘンリー6世により1440年に設立された全寮制男子校です。今までに18人の首相を輩出しています。最近、政治海で活躍する人々が卒業しているために、一層注目されています。エリザベス2世の孫2人、ウィリアムとハリー王子が卒業しています。日本の海洋中等教育学校は、ここがモデルになっています。生徒数は、約1300人(1学年あたり250人ほど)と多く、ハウス(寮)も25棟ほどあります。貴族や王室の師弟が多いのが特徴です。

≪出身者≫
■ 初代首相ロバート・ウォルポール
■ ウィリアム・グラッドストン
■ ロバート・ボイル
■ アンソニー・イーデン
■ ハロルド・マクミラン
■ ジョン・メイナード・ケインズ
■ チャールズ・ヒューバート・パリー
■ ジョン・メイナード=スミス
■ スティーブン・ウルフラム
■ ホレス・ウォルポール
■ ジェレミー・ブレット
■ ネパール国王ディペンドラ
■ ネパール国王ビレンドラ
■ ウィリアム王子
■ ヘンリー王子
■ 徳川家達
■ デービッド・キャメロン
■ アピシット・ウェーチャチーワ

Harrow School 〜ハロウ・スクール〜 紹介

Harrow School(ハロウ・スクール)は、1572年に設立され、ロンドン北西にある全寮制男子校です。ハリー・ポッターの撮影にも使われ、ハロウハットと呼ばれる帽子をかぶることで有名です。北京やバンコクにも分校をもち、さらに海外校を広げようとしています。詩人バイロンや首相ウィンストン・チャーチルが卒業したことでも有名です。最近、校長が交代し、進学に力を注いでいるために、リーグテーブル *League Tableの結果も(公立・私立の中等学校および小学校が一覧となり、インターネットで観覧可能)かなりあがっています。現在では、全校生徒の15%が海外の留学生で占めています。

*リーグテーブルとは、イギリス政府から公開されている学校のランキングとなっています。これは、入学後の学習成果を測る統一テスト(GCSEやAレベル、公立では、ナショナル・カリキュラムの達成度テストが数回実施されるテスト)の結果を元にしたランキングのことをいいます。

≪出身者≫
■ ウィンストン・チャーチル
■ ジャワハルラール・ネルー
■ ジョン・ゴールズワージー
■ バークレー・バックストン
■ ケイリー・エルウィス
■ ランドル・デイヴィッドソン
■ セシル・ビートン

Rugby School 〜ラグビー・スクール〜 紹介

Rugby School(ラグビー・スクール)は、1567年に男子校として設立され、スポーツのラグビー発祥の地として知られる男子校でしたが、1975年に共学校になりました。全校生徒数約900名のうち、ほとんどの生徒が寮生ですが、通学生もいます。今日でも有名なスポーツであるラグビーの発明者として知られるウィリアム・ウェッブ・エリス、「不思議の国のアリス」作者であるルイス・キャロルやチェンバレン首相が卒業したことでも有名です。全校生徒のうち10%ほど、海外からの留学生を受け入れています。

≪出身者≫
■ ウィリアム・ウェッブ・エリス
■ ルイス・キャロル
■ ネヴィル・チェンバレン
■ マシュー・アーノルド
■ サルマン・ラシュディ

(注意)ボーディングスクールに入学後、相当な事情がない限り学校を卒業するまでは、退寮することができません。
また、お問い合わせの際、お子様が遅くても9歳半未満であることが望ましいです。


イギリス・ボーディングスクール|留学費用について

≪授業料について≫
授業料に関しては、学校によって金額差はありますが、概して高額であることには変わりありません。全額一括納入ではなく、学期毎に学校が始まる前日までに支払うことになっています。
ただし、インフレ率とともに、あるいはそれを上回って毎年学費が見直されますので、日本のように入学時の学費がそのまま続くことはありません。
さらに、学期中の音楽のレッスン料や小旅行、見学代金などの経費は、次の学期に加算されます。

▲ 一般的なパブリックスクールの場合 £1=¥170試算
学費およびすべての寮費込み 年間£26,430程度 *約400万前後

▲ ガーディアン料金
サポート内容によって様々ですので、自前にサポート内容ご確認頂くことをお勧めしております。
親代わりとしての学校対応、お子様のサポートまで含まれるのか、単に学校との連絡役のみで
よいのかによって、年間£7,500 〜 £15,000程度まで異なります。
※空港送迎、オリエンテーション、学校対応、トラブル(事件・事故)対応等

▲ 注意事項
 ※寮・宿舎:  ボーディングスクールに入学後、相応な事情がない限り、退寮できません。
 ※準備時期: お子様が9才未満(遅くても9歳半まで)が望ましいです。